タイトル画像

会社の問題を解決するには組織を変えるのが一番効果的

2017.12.12(22:39) 1931

会社で何か問題が起きている場合に、それを解決するのに一番効果的な方法は、組織を変えることです。

「社員のモチベーションが上がらない」、「なぜか生産性が上がらない」、「社員間のコミュニケーションが悪い」など、様々な問題は組織を改善することによって大きな成果を上げることが可能です。

では、組織にどのような不具合があるから、それが問題として現れているのでしょうか?

一つは、経営戦略に従った組織体制になっていないことです。

例としてあるのは、「人の都合に合わせた組織」になっている場合ですね。

もっと具体的に言うと、「その人のために部署を作っている」というものです。古株の管理ポストを維持するために、部署が不必要にたくさんあるということはないでしょうか?


もう一つの例は、昔から”その組織”だから、そのままやっているというケースです。

市場環境が変化しているにも関わらず、ずっと前からそうしてきたので、その組織以外は考えたことがないという場合です。不必要にラインがたくさんあるというのはないでしょうか?

そのほかにも、社長が見栄を張って、「部署がやたらとたくさんある」というのもあるかもしれませんね。


それから、組織の不具合の2つ目は、適材適所になっていないケースです。

マネジメントができない人が管理職者になっている場合や、その人の強みを活かした配置になっていない場合が当てはまります。

営業が苦手な人が営業をやっていたり、必ず部下を潰すような人が管理職をやっていたりすることですね。


では、どうやってこの組織を改善していくか?ですよね。

続きは、次回にお話します。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の悟りを高めて、経営力を上げる経営コンサルティング 「仏教的経営成功法」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
------------------------------------------------------------------------
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<組織を改善する具体的な方法 | ホームへ | 店舗は社長の心が表れる>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.jp/tb.php/1931-83e37dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)