タイトル画像

交渉時には冷静な第三者にサポートをしてもらいましょう

2012.11.13(17:02) 1187

交渉ごとというのは、自分が当事者であると、なかなか思ったとおりに行かないものですよね。

ところが、他人の交渉を横で見ていると、「こう言えばいいのに」と、何を言うべきかが分かったり、相手が何を考えているのかがよく分かったりするものです。

これは、利害を離れているので、冷静に両者を観察できるからだと思います。


人間、欲を持ったり、利害が絡むと弱くなるところがありますね。


経営者にとっても、交渉ごとは日々発生するでしょう。

いつも利害が絡むので、冷静な対応が難しくなるときもありますし、感情が強くなりすぎて失敗することもあるでしょう。


経営における交渉ごとは、信頼出来る人にサポートしてもらうのがいいでしょうね。

経営者が思い込みすぎて、大事なことを見落としていることもあります。

また、第三者なら簡単に気づくリスクに気づいていないこともあります。



交渉が苦手な経営者の方は、経営コンサルタントなり、第三者である専門家に力を借りるのがいいと思います。

冷静な目というのは、結構大きな働きをしますよ。
関連記事

古賀光昭のビジネス教室



<<部下は上司の悪いところに似る | ホームへ | ど根性ガエルと夫婦の関係>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.jp/tb.php/1187-6906d132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【交渉時には冷静な第三】

交渉ごとというのは、自分が当事者であると、なかなか思ったとおりに行かないものですよね。 ところが、他
  1. 2012/11/15(木) 04:29:24 |
  2. まっとめBLOG速報