タイトル画像

起業する前に撤退基準を決めておく

2018.06.06(14:25) 2069

起業の第3の壁は、「何でもしなければいけない」ことです。

サラリーマンで営業をやっていた方は、「経理は、納品書だとか、旅費を早く精算しろとか、いつもうるさいな。」と思っていたかもしれません。

ところが、起業したら大抵は一人なので、うるさく言ってくれる経理はいません(笑)。

マーケティングをしたり、販売をしたり、集客したり、チラシを作ったり、仕入をしたり、ホームページをいじったり、経理をしたり、借入をしたり、あらゆることを全部しなくてはいけません。

そのうち外部の専門家に外注するようにはなります。ただし、専門家に振る内容が分かっていないと、正しい経営はできなくなります。

広範囲の知識と実際に手を動かせるスキルも必要になります。

みなさん同じだと思いますけど、起業した人に休みはないでしょう。何年も休みなしで働いているのではないでしょうか。

朝から晩まで客先や事務所で仕事をして、夜は家に帰っても仕事をしている(笑)。そういうのを全く苦にしない人でないと、起業はできないですよね。

1.商売のセンス
2.継続した努力が平気な性格
3.ある程度何でもできる器用さ

これらの要素が起業家には必要です。

この内の2つの要素を持っていない人は、起業しない方が良いですね。


それと起業する人は、起業する前に、撤退する基準を決めておくと良いです。

お金が残額いくらになったときだとか、1年後に粗利がいくらまでに行かなかったときだとか、自分の感情に左右されない撤退基準を設けておくと良いです。

今回の連載は、厳しい内容になりました。起業しようとする方の参考になれば、幸いです。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

起業の第2の壁、キャッシュフロー

2018.06.05(21:50) 2068

昨日のブログでは、起業したら乗り越えなければならない壁があることを書きました。今日はその続きです。

第2は、キャッシュフローの壁です。

独立する前に、ある程度の貯えを持っている人は多いでしょう。例えば、「1年間は売上が上がらなくても、食べていける貯えがある。」という風にです。

しかし、そうした開業資金は、すぐに無くなります(笑)。

うまく商品やサービスが当たって事業が黒字化するには、最低3年はかかると思ったほうがよいでしょう。

つまり、自分と家族の生活費の3年分のお金と、事業用資金が必要だということですね。

そして、事業用資金ですが、事業が順調だったら、それはそれでキャッシュフローが苦しくなります。

モノを仕入れている場合は、売上が増えるほど仕入が増えるのでお金が必要です。

サービスを提供する場合でも、事業が拡大すればお金がかかります。

どっちにしても自己資金は1000万円以上は用意しないといけないし、銀行からの借入もしなければなりません。


そこで、キャッシュフローの壁を超えるには何をすれば良いかと言いますと、一つには「利益ではなく、キャッシュフローを考えること」です。

もう一つは、1年後にどのような資金が必要かの財務予測を立てておくことです。

なんにせよ自己資金が少ない人は、起業しない方が無難です。


< 続く >



いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

起業したら乗り越えなければならない壁

2018.06.04(23:48) 2067

最近は、定年退職したシニアが個人事業を始めるケースが増えていると思いますし、中高年の方が会社を辞めて独立するというのも今後増えてくるでしょうね。

私の場合、成功している例にはなりませんが(笑)、いろいろな方を見てきましたし、独立したらどんな壁があるのかは実体験したところもありますので、乗り越えていかなければならない壁についてお話をしようと思います。


第一に、自分が「これを売ろう」とした人は、うまくいかなかった例が多いです。自分が「こういうサービスを売っていこう」とした人は失敗するケースが多いですよね。

逆に「こんなことができないか?」と会社に言われて、それを実直に実行された方は成功しています。

ここの違いがお分かりでしょうか?


つまり、自分の視点から売るモノやサービスを決めた人は失敗して、(将来の)お客様の要望に従って、それに応えてきた人は成功しているのです。

極端なことを言えば、自分がやったことがなく自信がないことでも、お客様が「これをやってよ。お金を払うから」というものはビジネスが成り立つのです。

しかし、自分がやったことで”自信があること”であっても、お客様がそれを求めなかったら、ビジネスが成り立たないということなんですね。

初めて起業する人は、ここを間違うケースが多いのではないでしょうか。

どんなに社会的に有意義な事業であっても、それに対して対価を払ってくれるお客様が”複数”いない限り、続けることはできないのです。それは、ビジネスではなくボランティア活動です。

ですから、ビジネスを始める前に「これをしてもらえるなら、〇〇円払うよ。」という見込み客が存在して、同じようなことで困っている人が相当数見込めるようなら、ビジネスを始めても良いと思われます。

しかし、リアルな見込み客がない場合は、起業するのは辞めておいた方が良いです。

< 続く >



いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

独立する前に、独立した人に話しを聞いておくといい

2012.10.06(17:03) 1158

中高年の方で就職が決まらない人で、独立を考えている人もいらっしゃると思います。あるいは、社会保険労務士や税理士など何らかの国家資格を取ってサラリーマンを辞めて独立を考えている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

独立する精神は素晴らしいと思います。

ただ、独立する前に、独立している人に実際のところを聞くのを、私はお薦めします。


例えば資格を取って独立を考えている人だったら、資格をとることよりも、お客様を掴むことがいかに難しく、大事であるかを体験者から聞いておくといいと思います。

これは独立している方からすれば当たり前のことなのですが、サラリーマンで普通に成功している人には中々実感として分からないものがあります。


あるいは、最初から株式会社にするのではなく、個人事業として小さく始めるのがいいというのも、サラリーマンの人にはピンとこないところがあります。

資本金に制限がありませんから、資金が少額しかなくても株式会社を設立できます。

しかし、株式会社にすると税務申告が複雑になったり、均等割など赤字であっても発生する税金があり、思ったよりもお金がかかります。

それゆえ、ある程度軌道に乗るまでは個人事業として始めるのがいいのです。

また、事務所も借りるのではなく、自宅で始めるということもあります。

そうしたことも体験した人でないと、ピンとこないことがあります。


もし独立を考えておられる方がいらっしゃいましたら、周りで独立している人に聞くといいですね。

「独立して何が大変だったか?」

「何が成否のポイントだったか?」

「独立して良かったか?」
など。


独立をネガティブに考える必要はありませんけど、知っておくと有意義な知識もありますので、聞ける人がいれば聞いておくといいと思いますね。

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

カプコン創業者、辻本憲三会長の目の付けどころの鋭さ

2010.08.03(12:38) 540

村上龍、小池栄子の「カンブリア宮殿」にカプコン創業者の辻本憲三会長が出演していました。

カプコンは私もゲームで結構お世話になっております。「バイオハザード」シリーズ、「鬼武者」1~3は大好きなゲームです(ちなみに、「デビルメイクライ」と「モンスターハンター」は好きなゲームではありません。「戦国BASARA」をやったことはありません。すみません)。

私も知らなかったんですが、辻本憲三会長は、最初駄菓子屋を営んでいたそうです。その駄菓子屋で、綿菓子の製造機を置いたら、子供達が20人から30人並んで、喜んで10円玉を入れて綿菓子を作っていたとか。

それを見た辻本会長は、「子供達を夢中にするのは綿菓子ではない。綿菓子を作る過程なのだ」と思ったそうです。こんなことがあるんだなと感心して綿菓子の機械を全国に売り歩いたそうです。

その後、駄菓子屋に改造パチンコ台を置いたそうなんです。すると、景品がもらえないパチンコでも子供がお金を使っているのを見て、「これからの日本人はストレスを感じて、生産性のないものにお金を使うはずだ。ゲームにお金を使うようになる」と確信したんですね。


成功する人は、同じ事象を見ても、普通の人が気付かないことに気づくものですね。


それから、「インベーダーゲーム」のブームが来たときに、ゲーム機の製造販売でものすごい儲かったようです。しかし、「インベーダーゲーム」もブームが終わると在庫の山になり、借金が残ってしまったんですね。


その後は、借金を返して、ゲームセンターのゲーム機を開発製造販売したそうです。そのうち、「ファミリーコンピュータ」のブームが起きて、ゲームセンターのソフトをファミコン用に移管してTVゲーム業界に進出したらしいですね。

ファミコンの時も売れないソフトを大量に作って失敗したようですね。いつもうまくいっていたわけではなく、成功と挫折の繰り返しだったようです。


私がテレビを見て感心したのは、開発中のゲームに、素人のユーザーを使って操作性や難しさ、面白さをチェックさせているところでした。

最初はクリエーターが嫌がったそうです。素人と自分達プロは違うんだということだったんでしょう。でも、辻本会長は素人のユーザーに意見を言わせたんですね。

クリエーターの「このゲームはヒットします」という言葉よりも、たくさんの素人のユーザーに聞く方が確かな答えが得られるのだという考えだと思います。


やはり、「答えは市場にあり」ですね。

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

サッカー日本代表のような負けない戦いはビジネスでも必要

2010.06.17(19:41) 489

「2010 FIFA ワールドカップサッカー南アフリカ大会」も、日本代表がカメルーン代表に勝利して、少し盛り上がりを見せてきていますね。

そして、いよいよ次の土曜日に日本対オランダ戦が行われます。このゲームは勝つことがベストですが、負けないこと、すなわち引き分けに持ち込むことも予選突破には重要な要素になってきます。

サッカーは勝ち点で予選を勝ち抜くことになっていますので、勝つことも大事ですが、負けないことも戦略的にはとても大切なスポーツですよね。引き分けでも勝ち点1がつくので、いかに負けないかがポイントになってきます。


実はプロ野球でも同じようなことがあります。

3連戦で3連勝しますと、勝ったチームは相手に対し3ゲーム差をつけることができます。しかし、2勝一敗になりますと、ゲーム差は1しか付かないんですよね。つまり、ゲーム差は3対1となるんです。

勝ち数は3勝と2勝では1勝しか違いません。ところが3連勝と2勝1敗では、ゲーム差では3倍違います。

また、もし2勝1分けとなりますと、ゲーム差は2つとなり、3連勝と比べて、3対2になります。勝ち数の分だけゲーム差が付くことになります。

結局私が言いたかったのは、プロ野球でも負けるのと引き分けでは大違いだということです。サッカーは引き分けで勝ち点がつくのでプロ野球以上に負けないことがポイントになります。


このことはビジネスにも言えることだと思います。負けないビジネスをすることも大事です。

日常のビジネスで、勝つことができなくても、引き分けといいますか、負けない方法はないだろうかと考えることも必要な局面はあると思うんです。

完全に負けてしまうのではなく、悪くても引き分けに持ち込む。あるいは、勝ちを狙いにいって大きな失敗(負け)をするのではなく、引き分けを狙う。

人生でもビジネスでも、時にはそうした戦略も必要だと思います。


負けない戦いは無駄ではありません。

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

会社と自分にお金を残す方法

2010.05.12(22:31) 440

今回は、中小企業の社長様向けのお話しです。最近の経済状況では、「黒字で税金の支払いに困る」という会社は少ないかもしれませんが、経済状況が好転してくる前に正しい節税知識を知っておくことは大切です。

とにかく、会社に上手にお金を残す方法を考えましょう。

まずは、中小企業退職金共済の加入を考えることです。

中小企業退職金共済、略して中退共と言いますが、これは役員以外の従業員の退職金を準備するために掛け金を払っていくものです。この掛け金には国からの助成が1年間あります。従業員一人当たり月額の半額(最大5000円まで)の助成があるのです。

そして、この掛け金は全額損金になりますから、節税にもなります。

節税と言いますと、生命保険を薦める税理士や保険会社がいますが、生命保険を節税のために使うのは辞めたほうがいいでしょう。

といいますのも、保険料は全額又は半額が損金になっても、解約するときには、それが益金になって会社に税金がかかるからです。

保険は万が一のときの保障と考えるのがよろしいかと思います。


それから、中小企業の場合、交際費は年間600万円までは90%が損金になります。もし年間600万円を超える交際費を使うなら、渡切(わたしきり)交際費という方法があります。

これは、例えば、役員報酬とは別に毎月20万円を渡切交際費として社長に支給しますと、その分は社長への報酬として全額損金になります。

何に使ったのか、いくら使ったのかといった精算をしません。ただし、社長への役員報酬として社長の所得税、住民税の対象になりますのでその点は注意してください。


その他の方法として、出張を実費精算するのではなく、手当として特定の額を支給する方法もあります。

例えば、出張手当として、移動距離が200キロメートル以上の場合なら、社長は10万円を固定で手当支給するという方法です。これだと役員報酬として課税されません。

この場合、交通費から日当から宿泊費が全部込みで、この額で精算することになります。そして、出張旅費規定を整備することが条件になっています。


脱税は決してしてはいけませんが、正しい方法でお金を残すことに知恵を使うことは大事です。

税理士に相談して上手にお金を残すようにしてください。

古賀光昭のビジネス教室



独立、起業
  1. 起業する前に撤退基準を決めておく(06/06)
  2. 起業の第2の壁、キャッシュフロー(06/05)
  3. 起業したら乗り越えなければならない壁(06/04)
  4. 独立する前に、独立した人に話しを聞いておくといい(10/06)
  5. カプコン創業者、辻本憲三会長の目の付けどころの鋭さ(08/03)
  6. サッカー日本代表のような負けない戦いはビジネスでも必要(06/17)
  7. 会社と自分にお金を残す方法(05/12)
次のページ
次のページ