タイトル画像

米朝首脳会談の1回目が終わりました

2018.06.13(00:35) 2076

米朝首脳会談の1回目が終わりました。

予想どおり具体的な取り組みは無かったようです。しかし、成果がゼロだとはさすがに思いません。

会談に持ち込むために、たくさんの人の助力があったでしょうし、成果が無かったと言えば失礼な話です。

ただし、結果的には北の委員長に「自信をつけさせてしまったのかな」と懸念しています。

日本は拉致問題が解決しないかぎり、びた一文も出さないようにしないといけませんね。

今後はトランプ大統領の交渉と、日本独自の交渉が始まっていきます。

一日も早い拉致被害者の帰国を願っています。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

トランプ政権の三つの考え方

2018.06.11(00:05) 2074

昨日のブログにアメリカのリアリスティック・ストラテジー(現実的な戦略)について書きました。

実は、トランプ政権のリアリスティック・ストラテジーには、三つの考え方があります。

一つは、外交戦略というのは戦いであり、どちらかが勝てばどちらかが負けという考え方です。すなわちWin-Winの関係などはないという考え方です。

二つ目は、国際社会はジャングルのようなもので、常に間断なく闘争が行われている危険な場所だということです。

三つ目は、外交では、主義主張、道徳性、善悪については考えないということです。

(参考書籍 『日本人の知らないトランプのアメリカ』(日高義樹著、海竜社)

私は、三つ目の考え方に注目しました。トランプ政権は、外交において道徳性や善悪については考えないということなんです。これは、恐ろしい考え方です。

要は、アメリカの外交にとって良いことであれば、「何だってありだ」という意味ですよね。

三つ目の考え方は、これまでのアメリカの基本戦略と真っ向から対立します。アメリカの軍事専門家たちは、「アメリカ的ではない」と批判し始めているそうです。

道徳性や善悪を考えない政権が、「核先制攻撃をこれからはやる」と言っているのですから、北朝鮮はビビるでしょう。

米朝首脳会談がいくら平和に終わったとしても、裏でアメリカは北朝鮮の政権にとどめを刺すチャンスを伺うはずです。

日本人は、「戦術核の時代」になっていることを真剣に考えなければいけません。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

米朝首脳会談と米核戦略の再検討

2018.06.10(12:32) 2073

米朝首脳会談がまもなく開かれます。私は、拉致問題が完全解決することを心から願っています。

ところで、朝鮮半島の非核化ができるのかどうかが注目されています。北の指導者は、核兵器を手放すことは全く考えていないでしょう。そして、トランプ大統領やスタッフも誰一人、北は核を手放すことをしないと思っているはずです。

仮に米朝共同宣言で、「非核化を目指す」という文言が入っても、北は時間稼ぎをしているに過ぎません。トランプ大統領は、中間選挙前のパフォーマンスにするでしょうし、できない約束をさせて破ったときに攻撃する材料にするのではないでしょうか。


ところで、2017年12月にトランプ政権は、リアリスティック・ストラテジーという現実的な戦略を取ることに決定しています。
その内容は、海外に駐在する米軍の基地を基本的には全部撤退することが一つ。もう一つは、アメリカが結んでいる軍事同盟をすべてやめてしまうことです。

日米安保によって国の安全が守られている日本にとっては、ゆゆしい事態です。

それと2018年2月6日、アメリカ上院軍事委員会に提出された「2018年アメリカ核戦略の再検討」という文書で、トランプ政権の核戦略構想が明らかになっています。そこには、今までは、核兵器を先制攻撃に使う考えはなかったが、これからはそれを破ることが書かれていたようです。

今まで米国の核戦略は、他国が米国に核兵器を撃ってきたら、その一撃を耐えて、次に相手国が滅ぶような核による報復を行うというものでした。それが核抑止力になっていたのです。

ところが、今回の決定では、核による先制攻撃を行うことを明言しています。そして、アメリカの上院軍事委員会の同意を得ているだけではなく、先制攻撃を行うための予算措置も取り付けています。

このように米朝首脳会談が、シャンシャンと終わることがあっても、全く平和な方向へ進んでいるわけではなく、世界は戦術核戦争の時代に移ろうとしているのです。

ちなみに「リアリスティック・ストラテジー」からすると、アメリカは北朝鮮のことはほっておいて、米軍を本土に戻すのが正解ということになります。

おそらくトランプ大統領のスタッフと米軍の上層部との意見が違うのでしょう。

米軍は、日米安保の重要性を理解しているでしょうし、北朝鮮を攻撃しなければ問題は解決しないと思っているでしょうね。それと、日本からの働きかけも大きく影響していると思います。

とにかく拉致被害者が帰国されるのを願うばかりです。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

心をつかむ勘どころを知っていた大統領

2018.05.11(22:59) 2045

アメリカの大統領にレーガン大統領という方がいます。若い方はご存知ないでしょうね(笑)。

レーガン大統領は、人の心をつかむ勘どころを知っていた人だったようです。特に当時のアメリカ人がやってほしいことを的を外さずにやっていました。

その一つが、ベトナム戦争で亡くなった戦士全員の名前が入った大きな碑を建てたことです。

ベトナム戦争を扱った映画はたくさんありますよね。映画『ランボー』でもありましたけど、ベトナム戦争から帰ったランボーを悪く見ていました。

ランボーを始め兵士は、命令されて戦争に行っています。しかし、ベトナム戦争ではアメリカは勝つことができなかったし、どうも大義がなかったのではないかというようになり、亡くなった兵士も悪口を言われているような状態でした。

アメリカ人としては、何とも言えない鬱積したものがあったようですね。そして、兵士は辱しめを受けている。

そこで、レーガン大統領は無くなった兵士全員の名前の入った碑を建てて、アメリカ人の気持ちを晴らしていくのです。


トランプ大統領もそういう人の心をつかむ勘どころを知っている人だと思われます。

だから大統領選挙で当選しているわけですよね。


安倍総理も日本国民が何を求めているかに気づいてほしいですね。

私は思うのですが、日本人は不景気の期間が長くあったので、自信を無くしているのですよね、たぶん。誇りや気概を失っているというのでしょうか。

また、閉塞感とか、未来への希望がないというか、将来への不安というか、縮み志向というか、カメが甲羅に入っているような状態なんです。

だから私は何度も書いているように、太閤殿下(豊臣秀吉)みたいな、明るくて知恵があって、熱意があり太っ腹な政治家や起業家が求められているんです。

まじめで謙虚なだけでは、アメリカ人や中国人やその他の外国人にいいようにやられるんですよ!

東京オリンピックが終わるまでに、そうした英雄が何人も出てくる必要がありますね。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

南北首脳会談は、時間稼ぎ

2018.04.27(23:34) 2037

南北首脳会談が終わったようですね。随分、仲の良さを演出していたように思えました。

「朝鮮半島の非核化を目標」なんて、あくまで言葉だけの話です。北朝鮮は、核を手放しません。

今回の会談は、トランプ大統領が任期満了するまでの時間稼ぎの一つの作戦でしょう。韓国は、結果的に北朝鮮の時間稼ぎに手を貸していますね。


ところで、随分昔に「元寇」というものがありました。

その時にモンゴルと一緒に日本に攻めてきたのは、当時朝鮮半島にありモンゴルの属国であった高麗です。

現代はこの図式に近づいていると言えるでしょう。要は、モンゴルが中国で、高麗が南北朝鮮です。

日本人はいい加減に目覚めないといけません。


ただ、日本人は、ある時突然目覚めますからね。

そのきっかけが何かは分かりません。でも、きっと日本人はそのうち目覚めると思います。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

北朝鮮の戦略とは

2018.04.24(23:57) 2036

先日、北朝鮮が核実験と弾道ミサイル実験の中止と、核実験場の廃止を発表しました。

実験の中止と使えなくなっていると思われる実験場の廃止ですからね、核を廃棄するとは一言も言っていません。

たぶんアメリカに届くミサイルは作らないので、核保有だけは認めてほしいというのが北朝鮮のメッセージでしょう。

北朝鮮の指導者の考えとしては、中国のような経済発展をして、密かに軍事力を高めるのがねらいでしょうね。

北朝鮮の戦略は、中国の後ろ盾を得ながら、アメリカには敵意を見せず、トランプ大統領が辞めるまでの時間稼ぎをし、経済を発展させて国力をつけて軍事大国化するというのになります。

そうなると、アメリカが北朝鮮の非核化をどこまでやるかということになりますね。

良くないシナリオは、「アメリカまで届かない核は認める」というものです。

しかし、日本には在日米軍やその家族やアメリカ人もたくさんいますし、日本無しにアメリカのアジア戦略は成り立たないので、いくらアメリカファーストでも日本を危険にさらすことはないと思うんですけどね。

まぁ、でも何があるか分かりません。

でも、もし米朝首脳会談が行われ、北朝鮮の核をアメリカが認めるということになったら、日本は国防をきちんと議論しなければいけないでしょう。


さて、南北首脳会談によって何が発表されるでしょうか。

「平和でうまくいった」みたいな報道がなされたら、怪しいでしょう。要注目です。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

最近の才能ある若者の特徴

2018.04.08(20:57) 2022

最近の日本人の若者で「凄いなぁ」という人は、ピュアで心が綺麗そうに感じる人ですよね。

私が「才能があるなぁ」と思うのは、俳優では鈴木亮平さんで、スポーツでは大谷翔平君ですよね。

音楽では、三浦大知さんで、将棋では藤井聡太君ですね。他にもたくさん才能がある人はいると思うのですけど、最近の若い人で才能がとびぬけている人は、謙虚で、すがすがしい人だと思います。

(ちなみに、三浦大知さんは、三浦友和、百恵夫妻の子供だと勘違いしていました。似ていないなとは思っていたんですけど(笑))

今までは、成功するような人や実力を出す人は、やんちゃで、クセがあってどこか天狗的な人が多かった印象象があります。

ところが最近は、何か違う人種の才能がある人がたくさん出てきているような気がしますね。今までとは、違ったタイプの日本人が生まれてきているのではないでしょうか。

若い人に才能がある人が生まれて、それがまた今までのスターや成功者とは違った雰囲気を持っているというのは、日本がこれからもう一度勃興する可能性があるということですね。

世界の歴史で、ある国が勃興するときには、そこに必ず凄い人が生まれています。

今、若い人たちに凄い人たちが出てきているということは、世界史の中で日本がまだ高みを見せるチャンスがあるということです。

これから出てきてほしいのは、政治家と起業家ですね。そして、そういう人材を出すには、吉田松陰や勝海舟のような若者に強い影響を与えられる師や思想家が必要です。

政治家と起業家に良い人材が出ないと国は良くならないので、私もいずれかのタイミングで政治家や起業家に影響を与えられる人物になりたいと思っています。



いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



政治への提言
  1. 米朝首脳会談の1回目が終わりました(06/13)
  2. トランプ政権の三つの考え方(06/11)
  3. 米朝首脳会談と米核戦略の再検討(06/10)
  4. 心をつかむ勘どころを知っていた大統領(05/11)
  5. 南北首脳会談は、時間稼ぎ(04/27)
  6. 北朝鮮の戦略とは(04/24)
  7. 最近の才能ある若者の特徴(04/08)
次のページ
次のページ