タイトル画像

職場への出勤や納期がプラスになっていること

2018.07.12(14:02) 2098

私の場合は、自宅を事務所兼用にして仕事をしています。このような方法を取っていて難しいところは、自分を律していかないと、サボってしまうことですね。

私の顧問先の企業さまでも、「自宅でできないことはないが、自宅だと仕事とプライベートの区別がつかず、サボってしまうので、外に事務所を借りている。」というのがありました。

会社という職場に”決まった時間”に出勤して、”終業時間までいる”というのは、「自分を甘やかしてしまう人」にとっては、ある意味生産性を上げることになっているでしょう。

同じようなものに、納期があります。

仕事に納期がなかったら、おそらく普通の人はサボってしまうか、生産性の低い仕事をするでしょうね。

また、納期が半年や1年とかになると、油断してしまうこともあります。

このように、一見、人をしばりつけるような出勤や納期が、人の生産性を上げる要因になっていますね。

自分を律して仕事ができるタイプでなければ、自宅ではなく、どこかの職場に毎日出勤して、納期のある仕事をしたほうがいいでしょうね。


ところで、人間のこうした事情が、人生の目標を達成できない原因だと分かるのではないでしょうか?

つまり、人生で何事かを成し遂げたいと思う方は大勢いるとしても、それは「納期がない仕事を受けている」ようなものなので、身が入らないのですよ。

自分がやらなくても、誰も怒らない、困らない、命じられていないものは、なかなかできないのですよね。

これは「人に共通する弱み」だと、私は思います。

だから、コーチがいたり、経営コンサルタントがいたりするわけです。人の弱みを第三者でカバーしているのですね。うまくできている仕組みだと思います。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

人の心を動かすコツ

2018.06.27(22:58) 2087

先日、あるスーツショップで、若い女性の店員さんに意見を聞きながらワイシャツを買いました。そしたら、その店員さんが、「お客さん、派手なのが好きですね♪ そして、とても似合いそう。」と笑顔で言ってくれました。

彼女は「自分も派手なのが好きなんで、自分も派手なのを選びます」と言っていて、私はとても嬉しかったのです。

若い頃から、「派手だ」とはよく言われることがありました(笑)。

でも、どちらかというと、否定的な意味でして(笑)、今回のように肯定的に言ってくれたのが、嬉しかったです。(^^)

人って、自分でこだわっていることがあって、それを誰かに肯定してもらうと嬉しいものですね。

特に、誰もそれを指摘してくれないようなことだと、余計にインパクトがあります。

そのやり取りが嬉しかったので、ついネクタイまで買ってしまいました(笑)。

人の心を動かすコツは、こういうことかなと思いました。

つまり、本人は「自分の良いところだ」と思っているけれども、誰も褒めてくれないし、認めてくれない部分というのがあるんです。

そこを気づいてあげて、サラッと褒めたり、認めてあげたりすると、人を感動させることができるんですよね。


ところで、この話には後日談があります。

買ったワイシャツとネクタイを付けた日の仕事の帰りに、そのお店のあるショッピングモールに寄ったので、ついでに着ているところを店員さんに見せに行きました。

すごく喜んでくれました。「ちゃんと、着てくださっているんですね」と。

私は、「こういうお客さんがいたと、上司に言うんやで」と言っておきました(笑)。

ただし、これ以上行くとストーカーと間違えられたら困るので、もう行きませんが(笑)。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

松下電器は、なぜ考えたとおりに進展できたのか?

2018.06.15(22:54) 2078

松下幸之助さんの著書に『人を活かす経営』(PHP)というものがあります。



この中で、松下幸之助さんが、松下電器グループのことを「おおむね、自分の胸に描いたとおりに会社の業績は進展してきた」と書かれているのですね。

そして、「なぜ、考えたとおりのことが、なぜおおむね確実に実現したのか」ということで、理由を述べられています。


みなさんは、どのような理由を思いつきますか?



いろいろな理由があるでしょうけど、松下さんはこの本の中で「実現するようにしたからである。」と述べられているのですね。

ちょっと引用しますね。

「いくらよいことを考えても、考えただけで何もしないでいたのでは、なんら実現してこない。
(中略)
 問題もおこってくる。それらを一つひとつ、根気よく処理していく。
そうして、いってみれば問題がなくなるまで、し残したことがなくなるまで、努力を重ねる。
もちろん、それはなみたいていの努力ではできない。
ともすれば途中でくじけそうになる気持ちをひきしめ、勇気をふるいおこして取り組んでいくことが必要である。」




松下幸之助さんに、運があったとか、人に恵まれたとか、商才があったとか、さまざまな成功の要素もあったでしょう。

しかし、私はここに書いてある「問題を一つひとつ根気よく処理していったこと」が、松下幸之助さんが成功した最大の要因だと思っています。

神風が吹くのを待っていたのではなく、「実現するように、なみたいていではない努力をした」ということですね。


私は、ここの文章が好きで、松下幸之助さんも、くじけそうになる気持ちをひきしめ、がんばっておられたんだなと。

そして、成功したい人は、自分の前に現れている問題を一つひとつ処理して、決してあきらめずに努力すれば、きっと道が開けるということなんだと思うのです。

成功の大小はあるでしょうけど、努力を続ければ必ず願っている方向へ前進していきます。

実現するようにすればいいんです。(^^)Y




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

苦手なことを勉強する

2018.06.03(21:40) 2066

昨日のブログでは、自分の強みをいかすために何らかの知識を学ぶ必要があると書きました。

ただし、どのようなことを学べば自分の強みがいかされるのかは、なかなか分かるものではありません。

私の場合を例に出して恐縮ですが、、具体的に説明してみます。

私は、自分のキャリアが人事、総務、経営企画が中心でした。そして、コンサルティング理論は、ドラッカーや一倉定さんを参考にしていました。一方、財務や会計は、強みではありませんでした。

しかし、経営コンサルティングに会計の知識は必須ですので、重点的に勉強をしました。

かなり勉強したので、法人の日々の仕訳から月次決算、決算申告書作成まで会計ソフトなしにできるレベルまで行きました(笑)。

会社様や人からは、財務経理や会計の専門家のように見られることも多くなりました。そうした仕事も増えています。

そして、財務や会計の知識が豊富になることで、経営コンサルティングの自信もより強くなりました。

元々は自分の苦手な部分の勉強だったのですけど、財務や会計に強くなることによって、経営コンサルティングのレベル全体が上がる要因になったと思います。

皆さんも仕事をする上で何かの知識を吸収すれば、既存の強みをより強くすることができます。

それが「これだ!」というのが一発で分かるといいのですけど、なかなか分からないので、いろいろと勉強してみることがよいでしょうね。

私のように苦手だと思っていることを勉強することによって、全体にプラスになることもあります。

あるいは、まったく強みと関係のないような分野の知識を得ることによって、思わぬプラスを生むこともあります。

感心を持たれたことを学ばれるのをお薦めします。関係のないようなことでも、きっと無駄にはなりませんよ!




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

強みをいかすために、学ばなければならない知識とは

2018.06.02(23:58) 2065

職業選択の自由があるようになったのは、そんなに昔のことではありません。

それは差別的な意味で自由がなかったということではなく、農民の家に生まれたら農民をやり、職人の家に生まれたら職人をやっていたからです。生まれながらにして、仕事も地位も決まっていたのです。

ほんの170年ほど前までは、現代の社会機関が行っていることは、全て家庭で行われていました。

仕事も家の仕事をし、介護も家族が行い、教育も家庭で行われていました。病人も家族が家で面倒を見、出産も家でしていたのです。

それら家庭で行われていたものはほとんど社会機関によって行われるようになっています。

病院、高等学校、中学校、幼稚園、保育園、企業、介護施設などなど。

家庭と近所のマンパワーに依存していた人類が社会機関を持つようになり、組織の力を使って成長していると言えるでしょう。

そして、現代は職業を自由に選択できる時代になっています。

そこで、大切なのは、自分が会社に貢献できる強みを知ることです。

また、それに加えて、自分の強みを更にいかすために学ばなければいけない知識は何か、身に付けるべきことは何かを知ることも大事です。

ほとんどの人は、何を学ばなければならないかが分からないでしょう。

私も様々な勉強をしました。しかし、現在の経営コンサルティングに役にたった知識がどれだったかは、勉強した後で分かったものです。やる前には分かりませんでした(笑)。

だから、何が役に立つ知識なのかは、その人特有のものなので、他人がアドバイスしても当たらないでしょう。

次回は、少し具体的にこのことに説明してみましょう。

<続く>




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

経営能力の有無は、やってみないと分からない

2018.05.28(20:57) 2060

もうすぐ6月1日ですね。私がサラリーマンを辞めたのは、9年前の5月31日でしたから、6月1日で独立”丸9年”になります。

人からは、「よく続いているな」と感心されます(笑)。

石にかじりついてでも続けようと頑張ってはいましたが、やはり一番は、ご契約いただいた企業様のおかげです!有難いことだと感謝しております!

9年間は、紆余曲折がありました(笑)。 独立している方なら皆経験するような苦しい経験もしました。

転職を繰り返している人や、今の会社が嫌な人がいるでしょうが、私は独立を勧めません。

なぜなら、経営能力は、実際に経営してみないと分からないからです。このスキルが起業までに客観的に測れないのは、大きなリスクですよ。

どこかの会社や官庁で活躍していた経験があっても、自分で会社を立ち上げて、経営できるかどうかはやってみないと分かりません。

特に営業力が無い人や人間嫌いの人は辞めた方が良いです。いつも他人を批判しているような人は独立に向かないでしょう。

また、何でもできる人はいないので、協力者が必要になります。良い協力者を得られるかどうかが、事業が成功するかどうかの大きな鍵になります。

ここは、その人の「徳や運や縁」などの要素でもあるので、ある意味賭けですよね(笑)。

そして、協力者というのは、企業の規模やタイミングで的確な人が現れるというのが一番です。起業を一緒にした人であっても、企業の発展のレベルによって合わない人が出てきます。残念ですが、同じように成長しない人は落ちこぼれてしまうでしょう。


今の会社に不満がある社員もいらっしゃるでしょう。

でも、ブラックでなければ、経営を継続させている社長を”凄い”と思われた方が良いですよ。

誰もができることではないし、社長は社員が知らないところで相当努力をされているはずです。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

豊臣秀吉の人間力

2018.05.09(23:23) 2044

以前のブログで、日本を代表する経営者が『プレジデント』誌に人材論を話していて、これからの人材には人間性や人間力が大事になるという内容をお話しました。

その人間力を使って日本で一番出世したのは、豊臣秀吉ではないでしょうか。

豊臣秀吉は、戦においても、なるべく人を殺さないようにしていたようです。

例えば、織田信長が命じた比叡山延暦寺の焼き討ちです。

織田信長の命令は、比叡山延暦寺にいる僧侶やその他女子供を皆殺しにすることでした。

ところが、豊臣秀吉は、逃げる僧侶や女子供がいたら、見逃してやっています。こうした殺戮が嫌いだったのかなと思います。

それに対して、織田信長の命令を一番忠実に実行したのは、明智光秀です。


また、中国攻めでも(これはシナではありません。日本の中国地方です)、降参したものを殺そうとしません。信長は、降参したものも殺せと命じて、殺そうとしない秀吉を叱責しています。


こういう秀吉の性格を周りの武将は見ていたでしょうし、この秀吉の「無益な殺生はしない」という風な人間性は、広く伝わっていたと思うのです(晩年の朝鮮出兵は別人のようなところがあります。このエピソードは、晩年ではありません)。

だから、戦国時代に人々の心をつかむところがあったのではないかと思います。


ビジネスでも、なめられてはいけません。しかし、恐ろしすぎるトップになると人心が離れます。

情けを持っていて、愛嬌があって仕事ができれば鬼に金棒ですね(笑)。



いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



成功のために
  1. 職場への出勤や納期がプラスになっていること(07/12)
  2. 人の心を動かすコツ(06/27)
  3. 松下電器は、なぜ考えたとおりに進展できたのか?(06/15)
  4. 苦手なことを勉強する(06/03)
  5. 強みをいかすために、学ばなければならない知識とは(06/02)
  6. 経営能力の有無は、やってみないと分からない(05/28)
  7. 豊臣秀吉の人間力(05/09)
次のページ
次のページ