タイトル画像

プロ野球のビデオ判定

2018.06.30(23:22) 2089

昨日のヤクルト対阪神の試合をテレビで観戦していました。

なかなかひどい誤審をやっていましたね(苦笑)。

サードゴロを取った北條選手が2塁ランナーにタッチしようとしましたら、ランナーがピッチャーマウンド側に逃げて三塁セーフになっていました。

野球規則では、野手がランナーにタッチしようとしたときには、ベースライン(ベースとベースを直線で結ぶ線)から左右3フィート(91.4センチメートル)より外に逃げたら、その時点でアウトになります。

なのに、昨日の3塁の塁審は、セーフの判定をしたのです。

たぶん一度セーフの判定をしたので、引っ込みがつかなくなったのでしょう。北條選手がタッチをしに行かなかったという説明を塁審はしていました(野手がタッチをしに行かなない場合は、3フィートの制限はない)。

あの判定は、ひどいですね。外野に飛んだ打球が見えにくいとか、「スライディングしてタッチしたかどうかが見えにくい」というのは分かります。けれども、昨日の3フィートはそういうレベルではありません。審判は、ボーっとしていて、ついセーフの判定をしてしまい、そのままごり押しをしたんだと思います。

その後に打たれた点が決勝点だったので、結局その誤審によって阪神タイガースは負けたようなものです。

これ以外にこの試合は1塁のプレーで2度ビデオ判定があり、2度とも判定がくつがえりました。

昨日の試合では、1塁で2回の誤審、そして3塁の誤審と三度の誤審があったことになります。

プロ野球では、審判の目をごまかすとか、審判を味方にするとか、人間が判定することは、ビデオ判定にはない面白さがあります。

ただし、ビデオ判定が導入されたのなら、それはストライク・ボールだけをビデオ判定の対象外として、その他は例外なしにビデオ判定の対象とすべきでしょう。

ビデオ判定は、プロ野球のイノベーションだと思います。

せっかくファンが納得できる判定になりつつあるので、ストライク・ボール以外にもビデオ判定を広げてほしいですね。



いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

矢野2軍監督を1軍のコーチへ戻すべき

2018.06.25(23:36) 2085

今日は仕事で東京の方へ出ていく予定にしていました。でも、サッカー日本代表のセネガル戦を深夜まで観戦しました(笑)。

それにしても、サッカーって、こんなに面白いものなのだなと改めて思いました。日本代表の試合はドーハの悲劇の年から見てきました。今が一番面白い試合をしているのではないでしょうか。

観ていてワクワクしますね!

前監督のハリルホジッチさんには申し訳ないですが、西野朗監督に代えたのは英断だったとなりました。


それに引き換え、我らが阪神タイガースは、最下位になりました(笑)。

球団と金本監督がミスったのは、矢野コーチを2軍の監督にしたことでしょうね。

私は矢野コーチを評価していたわけではないですが、2軍の監督をやって結果を出しているので指導者には向いているのでしょうね。

矢野2軍監督の指導者としての適性が分かったのは良かったことなのですが、1軍から矢野コーチがいなくなったことによって、金本野球がおかしくなったようです。

金本監督にはおそらく迷いがあると思います。

どのように選手を指導したら良いか、どのように采配をしていったらベストなのか、迷いがあるように感じます。

監督自身が正解を見いだせていないので、そらうまくいきませんわ。

サッカー日本代表の西野朗監督は、徹底したシミュレーションをして、選手のことを把握し、考え抜いて悔いの残らない采配をしているように思います。

やはり今の選手に合った接し方(コミュニケーション)はあるでしょうし、選手が委縮しないチームにしないと阪神タイガースは難しいでしょう。

球団は、矢野2軍監督に代わる2軍監督を用意して、矢野さんを1軍のコーチに戻すべきです。そして、片岡コーチを浜中コーチなりの、右バッターの打撃コーチと交替させるべきでしょう。できれば、過去に打撃コーチとして実績のある人を引っ張ってくることが必要かなと思います。

金本監督がやろうとした「生え抜きの野手を育てること」、「走って、打てるチーム」を作ることは間違っていないと思うので、なんとか結果を出してほしいです。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

ゴールポストの大きさが違うのが野球

2018.06.22(14:37) 2082

私は御存じのように阪神タイガースファンなので、サッカーよりは野球の方が好きです(笑)。

しかしながら、ワールドカップが始まり、サッカーの試合を観ると、「野球は地味だなぁ」と思います。サッカーは攻守の交替が目まぐるしいですし、試合に動きが常にあります。その面では、サッカーの方が観ていて面白いなと思いますね。

野球の場合は、攻守がはっきりとしていて、ピッチャーが良いピッチングをすると試合が硬直して動きがありません。野球はアメリカ生まれのスポーツですけど、刀をもった武士が構えて、”居合切り”をするような感じで、武士同士が戦っているようなスポーツだと思います。

ところで、野球はフェアプレーを尊びますけど、私は不公平なスポーツだと考えていました。

なぜなら、球場の規格がまったく同じではないからです。

ピッチャーからの距離やベース間の距離は同じです。でも、スタンドまでの距離、フェンスの高さ、屋根のあるなし、全部が違います。

それで、ホームラン王とか、防御率とか、個人成績が公式になるのは不思議な気がしています。

サッカーに例えて言うと、場所によってゴールポストの大きさが違うようなものです。言うなれば、甲子園球場に比べて東京ドームは、ゴールポストが大きいのと同じです。ホームランが出やすいということは、ゴールポストの大きさが、より大きいということですよね?

ゴールの大きさが違うホームをそれぞれ持っていて、「得点王を競う」というのはサッカーではおかしいでしょうけど、野球では普通に行われているわけです。変な話だと思いますけどね。

ピッチャーは甲子園球場を本拠地にするのが有利でしょうし、バッターだったら東京ドームや神宮を本拠地にすればホームランが出やすいのでスランプから抜け出しやすいのではないでしょうか。

調子が悪くて万全な当りが打てなくても、それがホームランになれば気分が良いでしょうし、それをきっかけに調子を取り戻しやすいような気がします。

甲子園球場は、ラッキーゾーンを造ればいいですよね。もし、高校野球のときに要らないということになるなら、そのときだけ取り外ししたらいいんですし。

阪神の野手が育たないというのは、甲子園球場が広すぎることが大きな原因の一つではないでしょうか。

球団としたら、ラッキーゾーンを作って球場を狭くして、得点力を上げることを試す価値はあると思います。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

読売ジャイアンツ山口投手の心理状態

2018.05.08(23:51) 2043

阪神タイガースは読売ジャイアンツとの試合で9対0で大勝しました!Y(^^)Y

たまにはこういう勝ち方でもないと、ファンを続けれらませんよね(笑)。

ところで、今日のロサリオ選手のホームランの時に、ちょっと気づいたことがありました。

ジャイアンツのピッチャーは山口投手でした。ロサリオ選手がバッターボックスにいて、山口投手は投げる間が合わなかったのか、山口投手の顔をテレビで見ていると、不満そうな顔をして何か言っていたんですね。

そして、直後にロサリオ選手がバッターボックスを外してタイムを取っていました。

その時に思ったんですが、山口投手は頭にきていたんではないかと。

そしたら、次の投球で外角にボールがそれていました。力が入っていたような感じがしました。

「ああ、これは頭にきて、むきになっているな」と、私は思ったんです。

そして、次のボールは真中高めで、ホームランでした。なんかむきになってボールを投げて、ぱかーんと打たれた感じでしたね。

山口投手は心のコントロールが苦手なんでしょうね。

なんか”やけくそ”で投げているような気がしました。

こういうピッチャーは気分がいい時には、いいピッチングをするんでしょうけど、何か不満なことがあると簡単に崩れるんでしょうね。使うほうからしたら使いたくないタイプでしょうし、攻撃する方は心理戦を仕掛けたら良いということですね。


やはりピッチャーは熱いところがあっても、冷静になれるところとか、心をコントロールする力が必要なポジションだと思わされました。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

上本博紀選手!また元気に戻ってきてほしい!

2018.05.06(23:23) 2041

阪神タイガースの上本博紀選手が膝の大ケガをしたようです。

そのケガがあった昨日の試合は、テレビで観戦していました。

上本博紀選手は、2塁にスライディングしただけに見えましたが、とても痛そうにしていたので、大きなケガではないかと心配していました。一所懸命にプレーしていて本当に気の毒ですし、とても残念ですね。。。


上本博紀選手にも、アキレス腱を断絶した西岡剛選手のように、大きな試練がやってきています。

前回のブログでTOKIOの4人のメンバーの試練について触れました。

私も経験していますが、人って、一所懸命やっていても、とんでもない試練に合うことがあるようです。


仏教の経典に、「苦楽は自分が作ったものであるのか、それとも他者の作ったものであるのか、あるいは自分と他者が作ったものであるのか、はたまた原因がなくて生じるものであるのか」という問いがあります。

「因果応報、自業自得」という言葉からすると、「自分の苦楽は自分が作ったものである」というのが答えになるように思います。

しかし、釈尊はいずれも誤りであると否定し、「苦楽は縁生(えんしょう)である」と述べているのです。

つまり、自分が何かの悪因を持っていて、そういう苦難が現れているのではなく、さまざまな条件を縁にして現れているということです(もちろん、本人に悪因がある場合は、悪因が苦しみを招いていることもあります)。

だから、上本博紀選手の場合も、自分を責めることもなく、自分がついていないと考えるのではなく、悪い方へ考えないでいただきたいですね!


松坂大輔投手は、ソフトバンク時代に何年も投げられなかったですが、あきらめることなく、中日に移籍し、現役を続けました。そして、先日、勝ち投手になりました。

これからの時代は、松坂投手のように契約してくれる球団がある限り、這いつくばっても現役を続ける方法がいいと思うんですね。引退の美学みたいなのは持たなくて良い時代だと思います。


それに、上本選手は、凄い才能があります。勝負強いバッティングをしますしね!

辞めるのはいつでもできるので、何とか現役にこだわって、また元気に戻ってきてほしいと思います!

頑張れ!上本選手!




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

どんな負けでも数字上は同じ1敗。料金も同じ(笑)

2018.04.20(22:34) 2032

今日は仕事から帰って阪神タイガースの試合をテレビで観ましたら、序盤で負け試合になっていましたので、観るのをすぐに辞めました(笑)。

ネットで結果を観ました。ひどい試合だったようです(笑)。

でも、0対1で負けても、0対10で負けても、同じ1敗です(笑)。

サッカーのような得失点差は関係ありません。惜しい負けた方をしても1敗だし、ボロ負けしても1敗です。

数字上の1敗の値打ちは変わりません。


勝ちも同じことが言えます。

相手チームのエースを打ち砕いて勝てば凄いです。でも、ファームから上がってきた谷間のピッチャーを打ち砕いて勝っても同じ1勝です。エースを打とうが、敗戦処理のピッチャーを打とうが、数字上では同じ1勝、一緒ですよね。

だから、負けたときは内容の反省はしなければいけませんが、しょせんただの1敗だと割り切るべきです。

勝ったときは、試合内容の反省をしなければいけませんけど、仮に相手のエラーで勝ったとしても、それも1勝なので、結果は良しとしましょう。

そういえば、勝っても負けても、入場料は同じですよね。負けたから割り引くというのは甲子園ではやらないでしょう(笑)。

スポーツは1試合をすることで価値(価格)が決まっていて、贔屓のチームが勝とうが負けようが1試合を提供すれば同じ料金を払います。


観る側は凄くリスクを負って、入場料を払っているのですよね(笑)。

ひどい試合を観て、とても気分が悪くなっても、同じ料金を払うわけですから(笑)。

皮肉でも何でもなく、珍しいビジネスモデルですよね。サービスを提供する側が、何の責任も義務も負わないわけですから(勝つ試合をファンに見せるという義務や責任を負っていないという意味)。

「どんな試合でも同じ料金をいただきますよ」、という面で、よくできたビジネスですよね(笑)。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

阪神は今年も期待しないで観る方がいい(笑)

2018.04.14(23:43) 2027

今日は自宅にいたので、テレビで阪神タイガース対ヤクルトスワローズの一戦を観戦しました。

まぁ~ひどい試合ですわ(笑)。

福留孝介選手と秋山投手が気迫あるプレーをしていましたが、他の選手はひどいもんです(笑)。

特に4番のロサリオは、あきません!外のボールになるスライダーを空振りする外国人バッターは多いですけど、ストライクのままの外角の球を空振りするバッターは初めて見ました。

あれでは打てないし、もし当たっても、それはまぐれでしょう。

一度ファームに行って、徹底してスイングから見直さないと、あれは慣れとかじゃないですよ。キャンプの時と違って、右足がぶれているし、バッターボックスでベースから離れて立っているので、ストライクも当たりません。

ロサリオを含め、片岡バッティングコーチは何か指導がおかしいのでしょうね。糸原以外、みんな打たなくなってますもんね(笑)。

中谷や陽川は2軍でも打っていないみたいですが(笑)、1軍に上げて使ってもらいたいです。

藤浪投手の復活や、小野投手、新人の高橋投手の台頭やファームでは才木投手など、先発ピッチャーには明るい兆しがあります。

ただし、阪神タイガースファンは、今年もあまり期待せずに観戦した方が、精神的には楽だと思います(笑)。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



阪神タイガース
  1. プロ野球のビデオ判定(06/30)
  2. 矢野2軍監督を1軍のコーチへ戻すべき(06/25)
  3. ゴールポストの大きさが違うのが野球(06/22)
  4. 読売ジャイアンツ山口投手の心理状態(05/08)
  5. 上本博紀選手!また元気に戻ってきてほしい!(05/06)
  6. どんな負けでも数字上は同じ1敗。料金も同じ(笑)(04/20)
  7. 阪神は今年も期待しないで観る方がいい(笑)(04/14)
次のページ
次のページ